So-net無料ブログ作成

2014JAXA相模原キャンパス特別公開 [暴君の日々]

5月に見学に行って楽しかった(ようには見えなかったが、本人的には楽しかったらしい)ので、昨日7/25にJAXA相模原キャンパス特別公開に行ってきました!

可能な限り「体験できるもの」に挑戦してみようと思って、公式HPのリーフレットを検討。
狙いを定めてw8時過ぎに自宅を出発。
9時に最寄り駅「淵野辺駅」に到着。タイミング良く路線バスが来たので乗って10分経たずにキャンパスに到着。
正門内に列が出来ていたのでサクッと並ぶ。
並んだ列はファン!ファン!JAXA!宇宙実験室のイベント「パラシュートワークショップ」の整理券の列。
10時から整理券配布とあったけど、楽しそうなワークショップだし、なによりも
5回開催、各回先着15名
・・・5回×15名=75名ってことなんで、これは競争率高そうだと。
気持ち入れて早く向かったわけですよ。

結果、人数把握整理券41番を貰いました。9時30分頃には受付枚数終了してました。
公式tweetでは、
=================================
JAXA相模原キャンパス特別公開 ‏@ISASopen
◎整理券◎パラシュートワークショップ整理券初回分は売り切れました。
9:43 - 2014年7月25日
=================================
とありましたが・・・初日(人数把握)整理券が終わったということだと思う。
人数把握整理券から各回の整理券(希望の回を選べた)に交換を始めたのは、開場と同じ時刻9時55分からだったんで。
暴君も無事に希望の回の整理券を貰い、次の目的地「いとかわの砂粒を見よう」の整理券をもらいに。
11時からの整理券をもらって・・・あとは暴君の気持ちの赴くまま・・・にさせると思わぬところで足が止まってしまうのでw
間に展示物を挟みつつ、

宇宙教育センター「かさ袋ロケットを作り、飛ばしてみよう」
イトカワの砂粒を見よう
大気球「気球のサンプルフィルム」←超極薄ポリエチレンで膨らませてみた、面白い
ファン!ファン!JAXA!宇宙実験室のイベント「パワシュートワークショップ」
宇宙環境試験室「真空の宇宙環境の実験教室」←先生面白かった

体験型にリードしつつ見学してまわって、食堂でカレーを食べて休憩。13時半頃だったんで空いててラッキー。
食堂メニューは「カレーライス」「カツカレーライス」「JAXAランチ」「冷やし中華」限定。
全部の展示を観るのは体力気力的に敵わず断念し、無料送迎バスで駅に向かって本日終了。

下女ってば携帯忘れまして、画像なんにもありませんw
暴君の持っていた3DSLLでコレだけ撮りました。
ファイルサイズ制限があったので小さいサイズに加工したけど、3DSLLのカメラ機能ってスゲ〜な。
ちゃんとしたのが撮れましたよ。

パラシュート製作に30分くらい、ロケットに積んで打ち上げて(外階段から担当サンが屋上へ運ぶ)全機投下まで20分くらいかかったかな。
材料は非常にシンプル。フィルムの傘に裂けるビニール紐、先に水ヨーヨーを付けてもらい、プラカップにパラシュートを詰めて屋上で逆さにひっくり返すだけ。
機体作ったプロマネ(機体投下プロジェクトマネージャー)が投下地点の安全確認をし、投下カウントダウン開始を指示して投下。暴君はかなり恥ずかしかったみたいで、いつになく低音ボイスw
フィルムと紐の取り付け方、カップへの詰め方、風の影響等、1つとして同じように落下しなかったので面白かった。指導員?サンも言ってたけど、ちゃんとやったら自由研究にぴったりなワークショップでした。

こちらのサイトに詳しく載ってます。
パラシュートでカプセルをふんわり降ろそう! 宇宙実験室JAXAクラブ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。